酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ナラヤエザクラPJ成果報告会①

f0092309_19343664.jpg

S:先日といってももう2週間が経ちますが密かに温めていた「ナラヤエザクラPJ」なる奈良女子大学と奈良県との協同プロジェクトの報告会を奈良ホテルにて開催するに至りました。

報告会は2部に分かれていて1部は奈良女子大学さん主催で学術的なお勉強を。まずしっかりこのプロジェクトがなにかのご報告を、2部では我々がお酒の試飲とお酒を引き立てる料理、さらに視覚的に桜のお花見を楽しんで頂くような仕掛けをご用意してプレスを含む大勢のお客様をお迎え致しました。

まずは第1部[報告会]
■ナラヤエザクラからの花酵母の分離と発酵食品への応用
奈良女子大学理学部生物科学科 岩口准教授
f0092309_19352592.jpg
f0092309_19354023.jpg

■ナラヤエザクラ酵母の分離及びそれを使った試験醸造について
奈良県工業技術センター 食品・毛皮革技術チーム 大橋先生
f0092309_19363350.jpg
f0092309_19372137.jpg

■ナラヤエザクラの野生酵母を利用した清酒の開発・製造及び販売について
株式会社 今西清兵衛商店 櫻井大貴
f0092309_1938225.jpg

この発表っていうのが結構難しかったのです。いつもはある程度お酒の知識のある方とお話しするので、基本的な説明はいらず核心をつけるのですが、一般の方々には「酵母って何?」からのお話しとなります。当初考えていたのも結局「酒造り」の話になってしまい、いまいちイメージ伝わんないな~と思いワタクシに関してはかなり軽い感じで発表しちゃいました。その内容を…

[開発に至る経緯]
まずこのお話は、奈良女子大学さんから創立100周年(2009年5月1日)をお祝いする商品ができないですかーというご依頼から始まりました。それも学賞に由来のある「奈良八重桜」をキーワードに。2006年初夏、3年前のことであります。

そして3つのパターンをご提案申し上げました。
①既存商品のラベル替え(100周年とか入ったラベルを貼る)
②奈良八重桜の花びらや葉っぱからエキスを抽出した日本酒ベースのリキュール
③奈良八重桜の花びら等から花酵母を分離・培養し醸造した日本酒

①はあまりに短絡的、③は非常にハードルが高い上時間も限られている。
というわけで、当時業界で火がつきそうであった②のリキュールを開発するつもりでありました。

それが…採れちゃったんです!

まさかこのような短期間で、200万分の1の確立、宝くじで1等賞に当選!ともいわれる花酵母が採取されるとは思ってもいませんでした。
さらにどんなお味のお酒ができるのか、果てしなく未知数な醸造を行うリスクは高かったのです。
それでも奈良女子大学さんの熱き100周年にかける想いの後押しもあってお酒を造ることを決意(あくまで個人的に)しました。
実際「リキュール」もイイ感じでできそうだったのですが…

というわけで、いよいよ次回は「入魂の一滴」お酒造りのお話しデス!
[PR]
by harushika-A3 | 2009-03-24 19:49