酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

8年目の立春朝搾り

N:こんにちは。

2月4日『立春朝搾り』が行なわれました。
今年もたくさんの注文を頂き、本当にありがとうございました。
f0092309_10524481.jpg
f0092309_10525662.jpg
春鹿の立春朝搾りは今回で8回目。
蔵人や参加の酒屋さんも慣れたもんです。
f0092309_10543938.jpg
f0092309_10545134.jpg
f0092309_105518.jpg
当日の大まかな流れとしては、

搾り→瓶詰め→ラベル貼り→検品・箱詰め→朝食→ご祈祷→出荷作業

という一連です。
  ※瓶詰めチームは3日の23:00前には集合でした。

酒蔵で行なわれる作業は上記の様な内容かも知れませんが、
参加する酒屋さんは、とっても大変な一日を過ごすわけです。

  昨年の11月頃から受注活動
   ↓
  1月末、注文締め切り
   ↓
  当日朝6:00集合
   ↓
  ラベル貼り→検品・箱詰め→朝食→ご祈祷→出荷作業(9:30頃)
   ↓
  予約客へ配達

搾りたてのお酒をいち早くお届けする為に
酒蔵&酒屋さんが力を合わせて頑張る一日なんですね。

Sさん大活躍の朝食も美味しく頂きました!
f0092309_10553210.jpg
f0092309_10554254.jpg
f0092309_10555195.jpg
f0092309_1056051.jpg
今年からご祈祷は今宮戎神社の方に酒蔵まで来て頂いて
ご祈祷して頂きました。 ( (゚∀゚) ) ヨヨイッ!!

ご祈祷はとても厳かに行なわれ、
参加の酒屋さん達も、その凛とした空間で、商売繁盛や
様々な想いをお酒に託されたことでしょう。


私、営業のNが完全に行事を仕切らせて頂きましたが、
個人的な感想としては、『大成功!』と思いました。

  ・時間配分バッチリ
  ・大きな事故もなく
  ・まさに滞りなく イベントを行なうことが出来ました。

細かい部分では、あんな事やこんな事も出来たかなぁ~、
という来年への『思い』もありますが、ひとまず、
無事に『まとまりました』。

蔵人全員で頑張っただけではなく、
参加して頂いた方々の大いなるご協力があって、
大成功したこのイベント。

後は、実際に飲んで頂いたお客さんの感想を聞かせて頂くことで
今年の『立春朝搾り』の成果としたいです。


今回の賑やかな様子は、画像で掲載しておきますね。f0092309_10595634.jpgf0092309_11056.jpg
f0092309_1104199.jpgf0092309_1104958.jpg
f0092309_1105856.jpgf0092309_111925.jpg
f0092309_1111999.jpgf0092309_1112853.jpg
f0092309_1113548.jpgf0092309_1114826.jpg
f0092309_1115692.jpg

皆様の、ご感想、ガンガン書き込みして下さいぁ~い!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-06 11:04 | くらのこと

初めてに感動!

S:春鹿立春朝搾り2009は無事に終了致しました。

そのお話は今回のリーダーNがまた書くと言って配達へ出かけました。

今日は以前ご紹介したした「奈良八重桜PJ」のお酒のお話。

1/26に酒母を、1/15に本仕込されたナラヤエザクラ酵母を使用したモロミ。

今日、しぼっちゃいました。

今まで新しい酵母を使うといえば、どっかの酒蔵がすでに商品化している酵母を使ってみよう!ということで、ある程度どんなお酒になるのかという指標はあったのです。

しっかーし今回はまっさら。本当の初めてです。

どんな味になってるのか全然わかんなーい。

いつもは「ダイジョ~ブッスよ!」とか余裕かましてるんですが、
今度ばかりは不安で不安で。

それに蔵元だけの問題じゃナイ!

奈良女子大学と奈良県の熱き想いがかかっております。

ここまでトントン拍子にきたプロジェクト。

「マズイ」なんてコトになったら大こけこけです。

さすがにヤバイかな~、アカンかな~とか変なことばっか考えてしまう。

これがプレッシャーというんでしょうか?こんなの初めてです。

さらに今日は取材陣や奈良女子大学の学長さまをはじめ教授の皆様、生徒さん多数が来蔵されるとあって、一発勝負!逃げも隠れも出来ません。

というわけで、実は一昨日分析にかける廬液をチビリ。

「ん!イケテル?」ちょこっと元気になっちゃいました。

そいでも2日たちゃ~味は変わります。

大量に搾り器にかければどうなるコトやら…

13:00過ぎぞくぞくご到着。皆様、夢と希望にお顔は晴れやかです。

「ん~ダイジョウブかな~」とチーム蔵元は多分みんなびびっておりました。

美味しくなかったら、搾り器のバルブを学長様に開けて頂こうという演出も、皆様のご期待も台無しになっちゃうのでは…

準備も整い、「開けて下さい」というおやっさん(杜氏)のかけ声で初めてのバルブが学長様の手によって開かれました。

「どっばーん!」という音とともに何とも言えない甘い香りが蔵じゅうに広がります。

そしていよいよ味見。

そこらじゅうで「おいしい!」「ウマイ~」の歓声が。

フルーティで白桃やさくらんぼを思わせるよなお味。
甘みがふくらみ、後味も悪くナイ!

よかったー。ホッとしちゃいましたね。オヤジも笑ってます。ホントよかった!

とりあえずの高いハードルはクリアーです。

そして留まることなく「わ」はさらに広がっていきます。

それにしても、目に見えない酵母チャンがこんなに素晴らしいお酒を醸してくれるなんて…

我が生業ながら本日改めて感動デッス!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-05 19:38

立春前夜!

S:明日は「立春朝搾りというイベントです。

今回でもう8回目!

明朝搾ったお酒を瓶詰めして酒屋さんと一緒にラベル貼って箱詰めして朝ご飯食べてお払いを受けて車に積み込んで帰ったら飲み屋サンとか配達して…

とにかく搾ったお酒をその日に呑もう!というこの企画。

酒屋サン・問屋サン・蔵元の連係があってはじめてできるのです。

と、いうわけで今日はその準備に蔵元大忙し。

120人くらいのお客様をお出迎えなので倉庫のお片づけとそうじをみんな頑張ってます。事務所は受注リスト?なんか色々作ってます。

そんな中、ワタクシはPCに向かってるわけなんですがサボではありません。

今回のリーダー営業Nからは150人分の朝ごはーんを作れ!というお役を仰せつかっております。
f0092309_1472174.jpg

立春のお酒は日本酒度-5 Al17.2% 酸度2.0 アミノ酸度 1.3、廬液の限りではスッキリとしていて香りも高く、きっとお客様に喜んで頂けるお味に仕上がってくれると確信しております。

1年目は1000本足らずだったこの企画も8年かけて8500本!

関わる全てのチームも大変ですがガンバッて。くれぐれも事故のないようにっ。

なんてったって2/4の日に1万人近くのお客様にハルシカが呑まれるのです。

さぁ!いよいよ今夜2009立春朝搾り始動!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-03 14:51 | くらのこと

残したいラベル

f0092309_18245693.jpg

春鹿 和州おにごろし 「天燈鬼」ラベル

興福寺さまの節分会へのお供え仕様。

先々代(3代今西清兵衛)が貫首にお願いして、
ラベルに入れさせて頂いたとか。

最近、こんな大胆かつユーモラスなデザインはやってナイなー。

「天燈鬼」とは灯篭をかつぎ上げ仏門を照らす邪鬼の立像。

ちなみに「阿・赤鬼」。

どうせなら「吽・青鬼」の「龍燈鬼」もあって欲しかった…

ギュッと引き締まったフンドシがシュールでカッコイイのですが。

世に出るのがお供えだけではモッタイナイ!

とりあえず、先月野村賞という大変栄誉あるのを頂いた友人にでも送るかな~
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-01-26 19:04

これが大事!

S:やえざくら酵母ちゃん元気に活動中っス。
f0092309_1428772.jpg

酒蔵で働く=10%の肉体労働と90%の掃除。

ウチのおやっさん(杜氏)は綺麗好き♪

そうして雑菌をおさえて酒の菌を完璧にコントロールする。

f0092309_14282713.jpg

最終の検瓶。異物混入を人間の目で外に出るのを防ぐ。

1本1本全部。1年間約100万本!

酒蔵の一番大事なこと。

最近ワタクシ下にまかせっぱ…反省デス。。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-01-24 14:45 | くらのこと

ならやえざくらPJ

ついに温めていた企画が世へ知れ渡る!
1/22新聞に掲載されたんです。

先日の「仕込をする女子大生をカメラマンが…」は取材だったんです。

読売新聞さんは奈良版カラーでデカデカと。
毎日新聞さんは全国版でドーンと。1面ではオバマさんを花で飾りました。

「奈良八重桜PJ(プロジェクト)」とはなにかちゅーと、4年前に「奈良女子大学の創立百周年記念の祝い酒を造ってもらえませんかー」というアプローチからはじまりました。単純に既存のお酒にラベル替えなんてしょうもないから県花であり市花でもあり女子大の学賞でもある「奈良八重桜」からお酒の酵母を見つけてそれでお酒を造ろうぜと言うお話に。最悪無理でも櫻の花からエキス抽出してリキュールかなんか造りますわーとか言ってました。で…

1年目:香りの酵母採れる(アルコール発酵しない)
     まー来年採れなかったらこの香り入れてリキュールでも造りますかー
   →リキュールにこだわるのはハヤリもん(梅酒みたく)出したかったから。

2年目:採れちゃった♪

って簡単に書いてますが200万分の1の確立、3億円宝くじ当たるようなもんなんです。理学部生物科学科のセンセ、学生サンに、2008年春には奈良県工業技術センター研究員が参加。それも4月末から5月に花が咲くので脚立持ってとりにいって、花びらから目に見えない酵母を探すんですから大変です。「絶対採れへんわームリムリ」とか言ってました。奈良女子大の、このプロジェクトリーダーの先生の熱意ですね。火ぃ~つきましたわー。

その後のDNA鑑定やキラー性試験などもパス→(新種じゃなかったり悪さするヤツもいる)して正当な清酒酵母(Saccharomyces cerevisiae・サッカロマイセス セレビシエ)を分離・培養することに成功したのです。

そして工業技術センターで小仕込実験。
出来上がったお酒は特長があっておもしろそう!
ウチで仕込んだら絶対もっと良いのが100%できる!
2009年5月1日が女子大百周年。
ということはこの造りで造らないと間に合いません。
リスクは高いけどやっちゃいますかー。

てなノリでトントン拍子に話が進み、只今お酒の仕込中。
1/15に留めたから(3段仕込の最後)今日で7日目。
アルコールは11%ほど。プツプツと元気よく発酵中デース!
これからは生かさず殺さず冷やしていきます。少し水もあげます?


お酒のしぼりをいつにするかもビミョーです。
立春のイベントのお酒も木桶のお酒も同時に走ってるんで…
しかし、どんなお酒もいつもしぼりは感動です。
これがあるからオシゴトやめられないんですねー。

昨今、世知辛い世の中、
お酒というとやれ飲酒して運転だの殺人だの猥褻だのと最悪です。

たっくさんの想いが詰まった奈良八重桜PJ。そこから産まれるこのお酒。
きっと、呑んだ人全てをシアワセにしてくれることでしょう。

今後をおったのしみに~!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-01-22 18:45 | くらのこと

? 櫂入れ

f0092309_125910100.jpg


お酒の仕込するご近所の某女子大学生をカメラマンが激写!


S:↑ は昨日の仕込の風景です。

詳細はまだナイショなんですが、またの機会ご報告致しまっす。
でかいお写真そんときに!


で、なにをするにもそうですが、お酒を造らせて頂くってことはもスゴイ「わ」が大切なんです。エラソなこといってワタクシ知らなかったんですねー。

恥ずかしながら自分では「お酒造りは好きだったらできる」とチョウシこいてました。でも幸せなことに、それだけじゃないよ~とここ何年間かで沢山の方々にお教え頂くことができました。


訳あって造ることができなくなったお酒。
残念ながら廃盤となる銘柄。

新しい出会いから今期初挑戦するお酒。


どちらにせよ古来より伝承されてきたお酒の文化や技術は、現在では我々が伝えていく使命があるのです。そしていろんな「わ」があってお酒は1300年もの間、皆様に愛されて続けてきたのです。

日本酒がこれからも皆様に愛されますように…

とは言え経験、私ら10年そこそこ。
おやっさん(杜氏)でも50年☆

ちゃーんと伝承できるようもっと勉強しマース!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-01-16 18:43 | くらのこと

酒蔵みてある記!

S:1月11日2009年の最初を飾るイベントが行われました。

酒蔵と史跡を訪ねるハイキングということで「近鉄」さんの主催で沿線の酒蔵でこの時期から3月にかけて毎週どっかで行われているのです。

春鹿では3回目。今年は天気には恵まれましたがスゴイ風。そして底冷え。

そんな中、ハイカーの皆様は近鉄新大宮駅から般若寺、二月堂、春日大社、新薬師寺と約13Kmの道のりを経て蔵元へやって来られます。

お出迎えの準備をしなきゃ!

3時間ぐらい前から通称「かたさない女N」(←今回のリーダー)の指示のもとだらだらと準備。今年こそ彼女にはリーダーシップのステージをあげて欲しいと願っております。。。

目玉はプチ蔵見学。新酒3種類(しぼりばな・しろみき・あらばしり)と甘酒の振る舞いと熱燗の販売。そして居酒屋酒楽さん・をかし東城さんには屋台を依頼。一応春鹿の酒粕・味噌を使ったMENUというコンセプトで粕汁やこんにゃく田楽、酒粕チーズケーキなどが並びました。
f0092309_1716216.jpg

さぁ、準備万端!
お客様いつでも「いらっしゃい~」と余裕をかますも…
f0092309_1718691.jpg

どわぁぁぁぁぁぁ!!!

分かります?蔵元に迫り来るマサに人の波。

国道を境に東へかけてずっと続いてるのでしょうか?

信号が変わった瞬間から人が堰を切ったように押し寄せて、約2時間ぐらいはずっとお酒を振る舞っちゃてました。気づけば人がまばらに。そして近鉄さんの「お疲れ様です!最終到着しました」のお声掛けが。

なんと参加人数1106人!

なんのこっちゃわからんけどまぁ並んじゃえ的なお客様もたくさんいらっしゃったんで、1300人位の方が約3時間で来蔵されたのではないかと。観光客の方は「たまたま通ったら振る舞いやってた。ラッキー」と。あとご近所さんもいらっしゃってました。

一番お客様が少ないこの時期に、こんなたくさんの人に奈良のお酒を知ってもらえて幸せです。あと、寒かったんで熱燗の盗み呑みが心にしみました。

こんな素晴らしい近鉄さんの企画。
これから毎週続きます。ちなみに来週は天理の「稲天」さん。

奈良でも蔵元によって味わいが全然異なるので、毎週色々行くと自分の好みがわかるかも。

て、言ってもハイキングしてからですよー。振る舞い酒は…
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-01-14 18:39 | くらのこと
N:みなさま、あけましておめでとうございます。
  本年もどうぞ春鹿をどうぞよろしくお願い致します。
f0092309_1127371.jpg
酒蔵の玄関にもしめ飾りを掲げてます。

酒蔵の玄関を入ったところにある≪飾り樽≫にもしめ飾り。
f0092309_1130422.jpg
お正月だけの光景ですね。

さて、2009年はどんな年になるのか楽しみですね。

今年一発目のイベントは・・・。

≪酒蔵みてある記≫
詳しくは、近鉄電車ホームページ↓↓↓
http://www.kintetsu.co.jp/event-hiking/hiking_info/hiking0005158.html

~ 内 容 ~

のどかな町を歩いて、風土が育てた銘酒を味わってみませんか?

思い出とともに、味わいが深まります。


受付日時(集合場所)
平成20年1月11日(日) 近鉄新大宮駅前 10時~10時30分


≪コース≫
新大宮駅 … 不退寺 … 狭岡神社 … 般若寺 …

 二月堂 … 手向山八幡宮 … 春日大社 … 新薬師寺 …

  今西清兵衛商店(酒蔵見学・解散) … 興福寺 … 近鉄奈良駅
                     (全体で徒歩約13km)

※酒蔵では、利き酒(試飲)、甘酒等のふるまいや即売会。


今年で3年目となるこのイベント、今年は残念ながら
若草山の山焼きとは別の日程となりましたが、
歩きに来られるお客さんは変わらず多いでしょうねぇ~。

非売品の麹100%『甘酒』の振る舞いがあるのが魅力ですね。

お越しを、お待ちしてまぁ~~す。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-01-06 11:40 | くらのこと

2008→2009

f0092309_22493086.jpg

N:こんにちは。

今年(2008年)もあと1時間程で幕を閉じます。

一年、様々なことがありました。

Blog記事を書くことで、日記を書く様に記憶を記録として残すことが出来る様にもなりました。

Blogを通じて出会った方々もあります。



今年もたくさんお世話になり本当にありがとうございました。

来る新年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎え下さいませ。
[PR]
# by harushika-A3 | 2008-12-31 22:59 | くらのこと

すんません!

f0092309_1503161.jpg

S:年の瀬がとつぜんやってきたようです!

蔵元SHOPではお客様で大賑わい。

お持ち帰りの梱包などで事務所はデパートの包装場みたくなってます。

この時期一番人気は「酒粕」。

ここんとこの寒波で売れまくっておりましたがとうとう品切れ。

春鹿の酒粕は「ヤエガキ」という圧搾方法で、いわば粕の為のお酒しぼりです。酒精たっぷりふわふわクリーミーなので、一度これを食べたら他は無理とも言って頂いております。

しかし、売り切れ。一部のお客様お怒りですがどうしても量を増やせないのです。いざ増やすとなると品質が落ちてほとんどのお客様がお怒りになるでしょう。

来年1月9日には再度店頭に並びますのでドウゾヨロシク!

出荷も最終となり、間違いのないように、割れないように出来るだけ丁寧に梱包して行きます。どうしても瓶なんで破損が多い。

しかし年末年始破損のせいでお客様のお酒がナイなんてことになったらエライコッチャですんで、いつもよりさらに厳重でアリマス。

2008年もあと少し。もうちょっとやっちゃいます!
[PR]
# by harushika-A3 | 2008-12-27 16:36 | くらのこと
N:こんにちは。

遅くなりましたが、先週の土曜日、
12月20日(土)に行われた

旬どき・うまいもの自慢会 in やまと ~冬の集い2008~

の記事が更新されております。

旬どき・うまいもの自慢会 in やまと ~冬の集い2008~
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/yamato-no-umaimono/entry-10183430293.html
↑ ↑ ↑ ↑

PCでは、写真だけではなくて、動画もご覧頂けます。
[PR]
# by harushika-A3 | 2008-12-27 13:43 | くらのこと

年内最終出荷近し!

f0092309_11454839.jpg

S:ここは春鹿小口出荷専用ルーム。

この時期、朝から晩まで「お熨斗」つけて包装→梱包→伝票貼っつけて出荷の繰り返し。

ミスのないようチェックするのですが、どうしても物量が増えれば事務との連携もとれず手違い発生しちゃいます。

今年はミスが少ない!素晴らしい!みんなのレベルが上がったのね♪

と、思ったら… トホホ、出荷ダウン!減ってたようです。

この年末は飲み屋サンでもデパートでもガソリンスタンドでも
どこでもみーんなキビシーと。

マーあれだけTVとかでも景気悪い悪いって言いまくっちゃったらテンションさがりますよねーと風呂屋のおばちゃん言ってました。
f0092309_1146839.jpg

とはいえ明日から最終出荷へ向けて、ご自宅用・ご帰省先へのお荷物がテンコモリの様相!お酒も時代は「家呑み」が流行るのですか?お節が売れてるみたいですけど。

年末年始「春鹿」で流行?の家呑み…

今なら最終出荷 ギリ間に合いま~す!
[PR]
# by harushika-A3 | 2008-12-23 17:57 | くらのこと
N:こんにちは。

突然ですが、今日、コレ、開催します。

昨年、大賑わいだった
≪旬どき・うまいもの自慢会~冬~≫
ですが、今年はみなさんお忙しいようで、
参加者が少なくて寂しいんです。


と言うわけで、本日のこのお酒の会!
『今日の今日、聞いて、すぐにでも参加したい!』
という方は、ご連絡ください。

まだ、空席ございます。

ご連絡締め切りは、本日の14時☆

□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□

 ●日 時 :12月20日(土)冬至前日 18:00会場 18:30開宴
 ●場 所 :酒肆 春鹿~シュシハルシカ~
          (奈良市今御門町27-4  0742-26-4703)
 ●テーマ :『大和鍋(もどき?)』と『新酒しぼりたて』と寒空酒。
 ●参加費 :7,000円
 ●お申込方法:メールもしくは電話にて
 ●お問合せ先:清酒「春鹿」醸造元 (株)今西清兵衛商店
     担当:中野  0742-23-2255  nakano@harushika.com

□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□
※大和鍋・・・鶏肉のスープと豆乳でさっぱりと仕立てた鍋。
          すり下ろして油で揚げたヤマノイモ(大和イモ)が美味。

今回は、豆乳ではなく≪春鹿の純米酒粕≫ベースで仕込みます!

ご予約
 お待ちしてます!

[PR]
# by harushika-A3 | 2008-12-20 08:51 | くらのこと

やっとこさ…

S:あっ!という間に12月も半ばまできてしまいました。

蔵元只今全員体制で出荷の作業に従事しておりまっす!
f0092309_11593547.jpg

何とか新酒3種そろい踏み!

「しぼりばな」にはじまり、原酒「あらばしり」、発泡にごり酒「しろみき」。

お正月用薬味リキュール「屠蘇酒」、そしてついでに豪華絢爛「金箔大吟醸」!

(※しろみきは12/15発売デス)

今週はSTAFFのおうちにご不幸ごとがあり、
ワタクシ急遽スクランブルで奈良漬屋をしておりました。

奈良漬の漬かってる酒粕、とんでもなく冷たいのです。
アルコールを結構含んでいるためスースーします。
→注射の消毒の時みたいな。
手をつけてても、外へ出してても地獄です。

水道の水が温かく感じる。

その状態で1日中奈良漬造ってたので、
家へ帰ってお風呂入ってもお酒呑んでも手にぬくもりや感覚が戻らない。

次の日も作業は同じ。身体まで芯から冷えてくる。
かがむので腰も痛い。

久しぶりの奈良漬屋でしたがつくづく楽なオシゴトはないものです。
こんなきっつい作業を1人で引き受けて下さるオバサマには
ホント頭が下がります。

日頃の奈良漬屋のがんばりにあらためて感謝して…

でも、酒粕のおかげ!「おてて」はスベスベのモッチモチで~す。
[PR]
# by harushika-A3 | 2008-12-12 13:06 | 商品のこと