酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

杜氏 帰郷!

S: 早いモノで今期の酒造りがスベテ終了しました。

この冬は色々ドラマがありました…

杜氏のお父上の他界。
ベテラン社員の定年。
立春朝搾り。
大吟醸仕込。
そして、奈良八重桜。

つまり例年よりかなりハードな年だったワケです。

それでもしっかりオシゴト
全うしてのご帰郷です!

杜氏の経験と勘。

経験は真似できませんが、せめてカンだけでも…

というわけで、連日連夜の呑んだくれサヨナラ奈良夜街行脚。

っていっても、10月には来るんですけど…

なりより真似できないであろうは御歳65歳のおやっさんの体力カナ?
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-04-20 12:21 | くらのこと

TVのチカラ?

S: この数日間春鹿蔵元大盛況!

逆に常連の皆様にはご迷惑お掛けしております。

というのも「ときめき」が某J事務所のT君の深夜番組で紹介されたおかげ。

この4/9・10が奈良凱旋コンサートということもあって全国からファンの皆様が蔵元へお越し下さいました。

20歳代のアルコール離れなんて吹き飛んじゃえ!とばかりにお買い求め頂いてます。

一過性のものかもしれないですが、スゴイ影響力。

それもとてもイイ人達ばっかなんです!

TVで紹介されたというより彼の素敵なカリスマが引き起こしているような…

とにかく前代未聞の盛況ぶり。

春爛漫 春鹿蔵元 バンザイでっす!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-04-12 15:14 | くらのこと

私事ですが。。。

N:こんにちは。

タイトルが唐突すぎますが、今年の4月1日で、私(営業N)は、春鹿に勤めて丸10年で、11年目に突入致しました。

そんな、10年間勤務した人に、奈良県酒造組合より『永年勤続お祝い』を頂きました。。。表彰状とカタログギフトでした。
f0092309_10332796.jpg

先日行なわれた『甑倒し』の宴会でも、会社から金一封頂きました。
f0092309_1034219.jpg
f0092309_103418100.jpg


本当にありがとうございます。

この10年間で生まれた(定番)商品は数多く、逆に廃盤になった商品もいくつも思い出されます。

≪この10年で発売になった主な商品≫
華厳、蔵出限定生酒、鬼斬、吟醸超辛口、旨口四段仕純米酒、ときめき、旨口燗酒、KIOKE-SAKE、超辛口生原酒、青乃鬼斬、純米吟醸生酒、純米吟醸ひやおろし、屠蘇酒、紫蘇酒、等々。。。

≪この10年で始まった主な会社イベント≫
立春朝搾り、酒蔵まつり、春鹿寄席、酒蔵コンサート、酒蔵みてある記、等々。。。

≪この10年で廃盤になった商品≫
純米酒、鬼栄、山廃純米原酒、山廃純米生原酒、生がこい、封至善、天慈地恵米ひやおろし、醍醐味(輸出で500mlは残ってます)等々。。。


ひとつひとつの商品全てに思い出があります。
  ※ひとつひとつ思い出を語ると長くなりますね。。。
開発の際、楽しいことばかりではなく、産みの苦しみがある商品もありましたが、すべて思い出深いです。

そして、10年勤めることが出来ました。

コレも全て、春鹿の蔵人みんなが助けてくれたり、支えてくれたり、お客さんの『ありがとう』に勇気をもらってきたからこそです。

これからも、感謝の気持ちを忘れることなく、また、何事にも『突き抜ける』気持ちを忘れずに、頑張っていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。


あらっ?!完全に個人的な記事になっちゃった・・・。失礼しました。。。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-04-08 10:41 | くらのこと
S: 4月4日東京日本橋の奈良県新拠点「奈良まほろば館」がついにオープンしました!いわゆるアンテナSHOPか?
f0092309_16321381.jpg


と、いうことはそう!奈良よりも全国よりも先駆けていよいよ「奈良の八重桜」先行発売が始まったのです。できるだけたくさんの方に味わって頂きたいキャンペーンののスタートでっす!

実は、前日の招待者だけの内覧会では試飲をご提供してたんですがスコブル評判が良く、「美味しい」「日本酒の概念を覆すな」「パッケージ素敵」「明日ちゃんと買うね」などなどたくさんの方々から熱い声援を頂きました。もう~感激!
f0092309_16304812.jpg

オープニングの鏡開きでも「奈良の八重桜」を使って頂きました。残念ながらイベントの最中はお給仕のオシゴトをしてたので朝一、準備の風景。
f0092309_16312878.jpg

奈良出身つよしくんの写真と書の展示。今度CD販売もするとか。
ファンの子達が1枚1枚丁寧に写真に納めてました。
おかげ様で「ときめき」もイイ感じで~す。
f0092309_1774876.jpg

「平成伎楽団」 酒仙童子いてます!
藪内佐斗司先生と流石組さんのコラボレーション。
日本橋を通行止めにしての素晴らしいパフォーマンスでした!
f0092309_1705781.jpg

せんとくんも応援してくれちゃいました。

「奈良まほろば館」ではその他にも奈良でも手に入りにくそうな良いホンモノが揃ってました。
「柿の葉すし」と「奈良の八重桜」との相性はばっちり♪
準備中かなり時間はあったので、鮎とかアマゴ、かき餅なんかも美味しそうだったんですけど監視の目が強くて断念。

場所は…花のお江戸のど真ん中。
ま~とにかく東京近郊にお住まいだったら1度いってみる価値ありですよ~
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-04-07 18:45 | イベントいろいろ
f0092309_17353541.jpg

奈良ホテルさんも奈良女子大と同じ今年100周年だそう。
このご縁がきっかけで「奈良の八重桜」をベースにした100周年記念カクテルを試作して下さってます。
f0092309_17334023.jpg

第2部は、お酒のテイスティング。イメージは花見!
会場内、1部のお勉強の雰囲気を一気に取っ払いたかったのです。
f0092309_17342685.jpg

お酒のサービスはここから。
f0092309_17345087.jpg

3方を見据える鳥居にはしっかりと酒蔵のシンボル杉玉が。
周りが桜の影絵で演出されていたので、ミラーボールが回ると桜吹雪みたいでした。
f0092309_1736742.jpg

料理は仲間の「蛍の会」チームに依頼。
お酒は普通料理を引き立てるアイテムですが、今回は「奈良の八重桜」を引き立てる料理を造って頂きました。ちゃんと前の週に試食会を行う気合いの入れよう。
お味はドンピシャ!和・フレンチ・タイどれもがお酒の味をグレードアップさせちゃてました。
f0092309_1734863.jpg

正倉文様をあしらったパッケージにつつまれて。
ラベルの書は奈良八重桜とも縁も深い興福寺 多川俊映貫首に書いて頂きました。

発売は5月1日の奈良女子大学創立100周年の日。

それに先駆けて4月4日東京日本橋の「ならまほろば館」オープニングセレモニー鏡開きで登場します。

いよいよです。

ずっと温めていたこの子が世に出る瞬間!楽しみで~す♪
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-04-01 19:50 | イベントいろいろ
引き続き…発表のオハナシ!
f0092309_1565939.jpg

[ナラヤエザクラ酵母を使用したお酒造り]
実際の醸造は2008年12月26日にモト(酵母の拡大培養)の仕込、年を越えて2009年1月8日からの本仕込となりました。
奈良県工業技術センターさんで昨年9月に行われた試験醸造により極めて発酵力の遅い酵母であることが確認されており、故にお酒を仕込む温度、水歩合(お米に対する水の割合)等々かなり細かく検討しました。通常「春鹿」が「超辛口」に使用する「901号酵母」より温度は高めに、水は多めにと…

仕込後1週間ぐらいまでの日本酒度(日本酒の甘い・辛いの指標)の変化は「901号酵母」と比べてもそれほど大きくありませんでした。
しかし、それ以降のキレ具合(進行状況)はかなり遅れをとり、アルコール生成18%~19%まで達する清酒酵母として完成された「901号酵母」と比較するとまだまだ発酵能力の低いことがわかりました。仕込後22日目のアルコール分は14.8%。それでも良く頑張ってくれました。我々の予測では12%~13%ぐらいかと。それがゆったりとエレガントに発酵しちゃったんですねー。

一方、酸の生成は盛んで仕込後8日目くらいで酸濃度3を超え、22日目上槽時では3.5となります。後日の奈良県工業試験センターさまの有機酸データによるとリンゴ酸とコハク酸の数値が他の清酒酵母と比べて多いことがわかりました。

特徴として、発酵初期は独特の鼻を刺す酸臭、しかし品温(お酒自体の温度)の低下とともに11度半ば(仕込後14日目)ではバナナのような香りがたちました。

結果、アルコール分14.8%、酸3.5、アミノ酸0.9、日本酒度マイナス27。
味わいはこれまで日本酒テイストでは感じられない白ワインやホワイトラムにも似たお味。
官能を表現すると白桃やさくらんぼを連想するようなバラ系の香り・味わいでした。
はたして奈良女子大学創立100年をお祝いするのに相応しいお酒となったのでしょうか?我々としては、特徴のある美味しいお酒ができて本当に良かったです!

以上ややこしいオハナシすいません。

次回は第2部の試飲会!楽しかったな~♪
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-03-29 15:16 | イベントいろいろ
f0092309_19343664.jpg

S:先日といってももう2週間が経ちますが密かに温めていた「ナラヤエザクラPJ」なる奈良女子大学と奈良県との協同プロジェクトの報告会を奈良ホテルにて開催するに至りました。

報告会は2部に分かれていて1部は奈良女子大学さん主催で学術的なお勉強を。まずしっかりこのプロジェクトがなにかのご報告を、2部では我々がお酒の試飲とお酒を引き立てる料理、さらに視覚的に桜のお花見を楽しんで頂くような仕掛けをご用意してプレスを含む大勢のお客様をお迎え致しました。

まずは第1部[報告会]
■ナラヤエザクラからの花酵母の分離と発酵食品への応用
奈良女子大学理学部生物科学科 岩口准教授
f0092309_19352592.jpg
f0092309_19354023.jpg

■ナラヤエザクラ酵母の分離及びそれを使った試験醸造について
奈良県工業技術センター 食品・毛皮革技術チーム 大橋先生
f0092309_19363350.jpg
f0092309_19372137.jpg

■ナラヤエザクラの野生酵母を利用した清酒の開発・製造及び販売について
株式会社 今西清兵衛商店 櫻井大貴
f0092309_1938225.jpg

この発表っていうのが結構難しかったのです。いつもはある程度お酒の知識のある方とお話しするので、基本的な説明はいらず核心をつけるのですが、一般の方々には「酵母って何?」からのお話しとなります。当初考えていたのも結局「酒造り」の話になってしまい、いまいちイメージ伝わんないな~と思いワタクシに関してはかなり軽い感じで発表しちゃいました。その内容を…

[開発に至る経緯]
まずこのお話は、奈良女子大学さんから創立100周年(2009年5月1日)をお祝いする商品ができないですかーというご依頼から始まりました。それも学賞に由来のある「奈良八重桜」をキーワードに。2006年初夏、3年前のことであります。

そして3つのパターンをご提案申し上げました。
①既存商品のラベル替え(100周年とか入ったラベルを貼る)
②奈良八重桜の花びらや葉っぱからエキスを抽出した日本酒ベースのリキュール
③奈良八重桜の花びら等から花酵母を分離・培養し醸造した日本酒

①はあまりに短絡的、③は非常にハードルが高い上時間も限られている。
というわけで、当時業界で火がつきそうであった②のリキュールを開発するつもりでありました。

それが…採れちゃったんです!

まさかこのような短期間で、200万分の1の確立、宝くじで1等賞に当選!ともいわれる花酵母が採取されるとは思ってもいませんでした。
さらにどんなお味のお酒ができるのか、果てしなく未知数な醸造を行うリスクは高かったのです。
それでも奈良女子大学さんの熱き100周年にかける想いの後押しもあってお酒を造ることを決意(あくまで個人的に)しました。
実際「リキュール」もイイ感じでできそうだったのですが…

というわけで、いよいよ次回は「入魂の一滴」お酒造りのお話しデス!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-03-24 19:49
f0092309_1616211.jpg

S:もう1週間も経ってしまいました。

今週はゲストにイベントに盛りだくさんなんです!

今回のイベントは奈良文化会館でのトークセッションとアフリカの映画鑑賞がメインでした。

我々は会館前の広場で屋外のブースを担当。

酒粕・麹の甘酒・熱燗なんかを販売しました。

寒かったので少しは喜んで頂けたかな?

そしてミラーボールと光を使ったアートディレクション!
f0092309_1614289.jpg

MIRRORBOWLER やっぱりカッコイイ。

みんなが笑うとっても楽しいイベントになりました!
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-03-13 18:39 | イベントいろいろ
S:大吟醸の搾りもようやくラスト1本。

来週には精米も終わります。

東大寺さまでは修二会が始まりまりました。

そんなこの時期「あと少し」と毎年思っちゃうのですが、

これが危険!

こっからがさらに神経を研ぎ澄ませて作業しないと、

必ずミスやケガなんかが起こるのです。

とかイイながら週末、春鹿イベント参戦でっす!

第3回なら国際映画祭プレイベント
「祈りの時代」を考える
3月7日(土)12:00~19:00
奈良県文化会館

奈良出身の映画監督のイベント。

屋外の会場で出店してしまうハメに…

他にも色々とオシゴト頼まれそーな予感が…

しっかし17:00~19:00は絶対にオススメですよ。

ワタクシのお仲間アーティスト集団が東京から来奈良。

奈良の夜空をビカッと光らせます!

さらに!熱燗呑んで身も心もイヤされちゃって下さい。

まーとにかく気を抜かないようにガンバリマス。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-03-05 18:18 | 奈良町のいろいろ

とまっちゃった!

S:本日は朝から大雨。

仕込も瓶詰めもなく、出荷だって今日に限ってチョロッと。

開店休業かと…「えっ?しぼるんけ」

そう、今日が出品酒用の大吟醸の上槽(しぼり)となってしまいました。

予定では昨日のはずが明日となりそして今日に?

しぼるタイミングの判断が難しいのです。

しぼりきるのに専用の槽(ふね)で中1日、都合48時間かかります。

1本目が終わると2本目、それも仕込んだ順番もバラバラにドンドン迫ってくる。

ほっとくと酵母が自ら出したアルコールによって死んでしまいます。

それが苦み・渋みなどの雑味に変わっちゃうからさあタイヘン!

[俵積] 一つ一つの袋に「もろみ」入ってま~す。
f0092309_141743.jpg

[斗瓶採り] 雫の1滴1滴集めまーす。
f0092309_14212692.jpg


何が「とまっちゃった」か?

それはきまぐれ酵母ちゃん達の「動き」でーす!

振り回されるおやっさん入魂の一滴は秋まで熟成、おったのしみに~
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-25 14:58 | くらのこと

立春朝搾り事例報告会

N:こんにちは。

一昨日は、2月4日に行われました『立春朝搾り』事例報告会が、神戸にて行われました。

この報告会は、酒蔵でどんなことをしましたか?という報告会ではなく、『立春朝搾り取扱店』の受注方法やPR方法、酒販店さんの活動報告会です。
f0092309_17454971.jpg
大きなポスター
f0092309_17462967.jpg
f0092309_17465186.jpg
とても熱心に活動されている酒屋さんの事例が多かったですので、来年へ向けての販促物作りのとても良い参考になりました。

事例報告会のあとは、全国39蔵元の《立春朝搾り》きき酒会です。

私の場合、先週にいくつかの蔵元のお酒はきき酒しましたが、その時に無かったお酒を中心にきき酒させていただきました。


日本名門酒会からの報告を少し紹介します。

  ・全国34都道府県
  ・参加蔵39蔵
  ・参加加盟店760店
  ・当日酒蔵へ参加した人数1406名
  ・総出荷本数148080本(2月18日現在)

ということだそうです。
本当に大きな企画になってすごいと思うのと同時に、その企画に携われる事のうれしさも感じる報告会でした。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-21 17:47

大吟醸搾り目前!

f0092309_21225863.jpg

N:こんにちは。

奈良は温かい日が続いたかと思えば、急に寒さが戻ってきました。
春鹿ではそろそろ、全国新酒鑑評会へ出品する《大吟醸》を搾ります。
そして、見てください、コレ、何だかわかりますか?
ブルーシートがかけられているのは、《斗瓶(18L入る瓶)》です。
コレだけ瓶が並ぶのを見ると、
『いよいよ(大吟醸の)搾りの時期だなぁ~』と実感します。

蔵人もピリピリしてます。

来週一週間が、搾り本番!
酒蔵は緊張したく空気が立ち込めます。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-20 21:22

アスファルト敷換え

N:こんにちは。

今日から二日間、春鹿酒蔵の前の道は、アスファルト敷換え工事が行われています。
f0092309_12454320.jpg
車の出入りが出来ないので、不便をおかけしております。

と言うかこの工事は、奈良市の作業ですので、ガードマンの方々が
交通整理と『ご迷惑おかけ致します!』のお声がけをしてくれています。

ちょうど、道路に面した事務所のすぐそばのアスファルトを
剥がしているときは、凄い地響き((( ;゚Д゚)))ガクガク

事務所全体が電気按摩状態でした。


これからアスファルトが入って、カラーリングと塗装です。

信号の停止線も、便利な位置に変更してもらえる様で、
≪奈良市Good Job☆≫です。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-17 12:51 | 奈良町のいろいろ

すごい~!

S:先日、奈良女子大学理学部生物科学科の
卒業研究発表会へ行ってきました。

お目当てはモチロン分子生物学分野で研究している女の子の発表「ナラノヤエザクラから分離された酵母様真菌」。

かなり緊張してたみたいで、こちらも心配で緊張してしまいました。

が、成果発表が進んでいくと昨年からトントン拍子に来た
このプロジェクトの思い出がフツフツと甦りました。

彼女の研究があったからこそ今年ナラヤエザクラのお酒ができたのです。

最後までしっかり終える頃には久ぶりにジーンと感動!

若年層のアルコール離れが深刻な中、若き研究者に万歳デス!

残念やったのはナゼか某タイ料理のBさん着いてきて一緒に聴いたコト。

感動もつかの間、終了後、いつものトークで台無し~。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-15 17:31

立春朝搾り きき酒

N:こんにちは。

先週に行われました『立春朝搾り』。
全国の39蔵元で行われたイベントでしたが、
39蔵のうち、18蔵(春鹿含)のお酒を集めてのきき酒を行いました。

同じ『立春朝搾り』とは言いましても、
澄んだお酒、f0092309_1574347.jpg

少しぼ~っとした(※うっすらにごったという表現です)お酒、
f0092309_1583128.jpg

にごっているお酒。f0092309_1585454.jpg

澄んだお酒でも、しぼりたてならではの『炭酸ガス』を少し含んだお酒や、特別純米生原酒、純米吟醸生原酒と、特定名称表記も蔵元によっても様々です。


一本一本新聞紙にくるみ、キャップも全て春鹿キャップに交換。

瓶の色・形状までは完全に隠せませんが、立春朝搾り銘柄ブラインドでのきき酒でした。
f0092309_1595360.jpg
蔵人の感想としては
年を重ねる毎に味が似通ってきた様な感じがする。
と言う評価でしたが、そんな中で、春鹿をきき当てる蔵人も多く
春鹿のきき酒総評としては、
・香りが爽やか、広がる
・甘味が強いが、キレる。  等々。。。


う~~ん。今回はわかりやすかったかも知れませんね。

春鹿とよく似た酵母を使用して、よく似た香り、味の蔵元もありますが、
春鹿とは全く違う酵母の香り、味の蔵元もあって、
とても勉強になりました。
[PR]
# by harushika-A3 | 2009-02-14 15:13 | くらのこと