酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

N:こんにちは。  今回は、イベント情報です。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

≪源氏物語1000年紀 王朝の姫君≫
  ~語りと笛で織りなす「源氏物語」~

日 時:平成20年3月23日(日)
       受付 12:30
       開始  会食13:00~  演奏 14:30~
場 所:重要文化財 今西家書院
参加費:6000円

“出 演”  六嶋由美子(語り) 、 野中久美子(能管)
“会 食”  今西家書院の手作り膳(春鹿季節限定酒付)

源氏物語「源氏の君が愛した女性」の語りと、室町時代からの横笛 能管の調べを、年4回今西家書院にて開催することとなりました。(以降の開催予定は、それぞれテーマを変えて6月1日、10月5日、12月7日)優雅な時代装束を身にまとった姫君が、能管の幽玄な調べと共に、光源氏との愛の軌跡を物語ります。好評の手作り箱膳と季節のお酒もゆっくりとお楽しみ下さい。


※お申込方法※
「王朝の姫君」のお問い合せ・お申込は
≪風迢舎~ふうちょうしゃ~≫まで。
電話/FAX : 075-951-2115
e-mail : fuuchousha@r4.dion.ne.jp
  郵便局備え付けの振り込み用紙で参加費をお振り込み下さい。
  ご入金確認後、入場券を郵送致します。
  ≪振込口座番号≫00970-4-175908 ≪口座名義≫風迢舎
  風迢舎へ直接お申込み頂く事も可能です。
  第1回~4回の全ての予約・受付を行っております。



同時開催:うさとの服 展
チェンマイの布で手作りした、さとううさぶろう の服

  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

年に4回の開催というスケジュール。
お申込は、風迢舎ですのでご注意下さい!
[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-30 09:57 | くらのこと

社長が海外主張!

N:こんにちは。

先日、1月19日(土)に行われた『春鹿寄席』のご報告記事を
書こうと思って写真・画像データをゴソゴソ。。。

探してもありません?!

何で??∑(゚д゚lll)?!


 あ!(;゚д゚).... そういえば!

春鹿寄席の写真を撮っていたのは社長だけ。


その社長は、現在、にゅ~よ~く へ出張しております。


もちろん、お気に入りのデジカメも持参して………。


社長が帰ってきたら、画像も一緒に記事にしたいと思ってます。f0092309_9172096.jpg


←  にゅ~よ~くへは、春鹿のしぼりたてのお酒、
←  『春鹿 純米吟醸生酒 しぼりばな』
←  の売り込み(?)・PRに行ってます。

もちろん国内でも人気です!

蔵元の在庫は、1.8Lは完売しました。
720mlは、在庫ありますよ~~。↓↓
http://harushika.com/cargo/index.html
[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-29 09:21 | くらのこと

立春朝搾りのおしらせ

N:こんにちは。


そろそろ立春朝搾りの事を書かないと・・・と思いながら
気が付けば、『立春』当日まで、あと11日。

しかし!?今回は、注文本数が増大する事を予想すると、
(※昨年の予定は6,500本)
今年の詰め口予定は。。。

7,500本?!(予想) 


今年も朝早くから(と言うか真夜中から)の瓶詰めです。

ちなみに、昨年に記事は↓↓
2007年1月26日(http://a3haru.exblog.jp/4442011/
f0092309_11135094.jpg
立春朝搾りは、全国37蔵で開催されます。
昨年の出荷実績は、参加36蔵全体で約120,000本。
低迷する日本酒業界で、一日だけの出荷数としては異例の数字です。
今年度、全国での販売予測は130,000本?!

ちなみに。。。立春って??と言う方には、こんな企画です↓↓
 ■2月4日、立春の早朝に搾ったばかりの新酒を、その日のうちにお客様に飲んでいただき、
  美味しいお酒で春の始まりを共に祝おうというのが趣旨です。

 ■蔵元では、もろみを一晩中搾り続け、搾り上がったらすぐに瓶詰めして出荷しなければ
  ならないため、この日、蔵人たちは夜中から、ときには徹夜で作業を行います。

 ■出荷前に蔵元近くの神社でお祓いを受け、お酒を飲む人と参加者全員の一年間の
  無病息災を祈願した縁起の良いお酒です。

 ■当日未明から近隣の酒販店が蔵元に集まり、ラベル貼りや箱詰め作業を手伝ってお酒を
  持ち帰り、その日のうちにお客様のもとへお届けします。

 ■朝できたばかりで、いっさいの火入れをしない生原酒をその日に飲めるのですから、
  このうえなく新鮮。フルーティーな香り高く、フレッシュで爽やかな味わいです。

 ■おかげさまでお客様からは「縁起がいいので家族みんなで楽しみたい」
  「贈り物にしても喜ばれる」と、毎年、大変楽しみにしていただいています。

  ↑ こ ん な 企 画 ↑
f0092309_11262072.jpg
昨年も、たくさんの酒屋さんが参加して、みんなで作業!
f0092309_1128239.jpg
そして、みんなで春日大社参拝。
商売繁盛・無病息災・祈願成就!おおぉ~~(((( ( (゚∀゚) ) ))))!っと
お祈りしました。 ぱんぱん←かしわ手


蔵元でも少しは販売してますが、
春鹿 立春朝搾り が買えるお店リストは↓↓
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=1635

基本的には、立春朝搾り参加店でしか買えませんので、
蔵元のホームページや酒蔵のお便りでは案内してません。
※ちゃんと案内せーや!のクレーム受け付けません。あしからず。ヽ(`Д´)ノ


一年に一度の 『縁起の良い』 お酒。
今年も、おいしいお酒をお楽しみにっ!
[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-24 11:39 | 商品のこと

酒蔵みてある記 開催!

お正月明けより海外逃亡しておりましたSです。

遅くなりましたが、帰国直後に行われた近畿日本鉄道様企画
「酒蔵みてある記2008」
のご報告しちゃいます!

昨年はミゾレまじりの寒ーい雨の中で行われ、若草山の山焼きも中止になっちゃうくらいでしたが、今年は朝から天気も良く絶好のハイキング日和でした。

春鹿の出し物は「蔵見学」「新酒3種の振舞酒」そして米麹だけで造った「甘酒」

甘酒は麹担当のE-田さんのお手製です。

いつものお仲間の屋台も出店!お酒のお供を提供して頂きました。

出店は居酒屋「酒楽」・SAKANAYA・フランス料理「ふりぽんぬ」。

春鹿の酒粕をベースにした味噌だれのコンニャク田楽や、大和牛のコロッケ
春鹿の奈良漬サワークリーム和え など、皆様蔵元や奈良にまつわる食材で、
おいしーい「あて」がイベントに華をそえてくれました。

マー、去年も1回経験してるしーと余裕をかましてたんデスが…
f0092309_15212985.jpg

きゃー!すごい人・ひと・ヒト!
蔵前から並んで蔵中に入ってグルッと1周して駐車場の振る舞い酒まで
…所要時間1時間ぐらい?
f0092309_1527327.jpg

主催の近鉄さんのイベント参加者は1065名。
あきらかに、別企画の便乗ハイカー多数。ご近所様やご常連多数。
山焼き見物や観光客の方々も多数。
推定総勢1400名様/1.5時間

お客様と会話すらできず…馬車馬のごとくお酒を注ぎました(泣)

皆様お待たせしてスイマセンでした…次回は頑張りマス。

今年もぞくぞく イベントめじろおし でーす!
スペシャルな情報をCHECKお忘れないよーに。
本年もよろしくでーす!
[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-19 16:00 | くらのこと

酒蔵ライブ開催決定!

N:こんにちは。

リニューアルした酒蔵エントランスホールで
音楽ライブを行っていきます。f0092309_10371366.jpg

で、第1回目の

酒蔵ライブの

内容が

決定しました!
f0092309_10372827.jpg
第1回
  やすぎひろこ 奈良の芝居語りと
  木塲孝志(二胡・ギター・パーカッション)

「日本の原点を語る語りべと日本の心を伝える音楽を、酒蔵で楽しんで頂けたら」と話すやすぎさん。


2008年2月16日(土)
受付:18:00   開演:18:30~20:00   チケット:2,500円



一部:やすぎひろこ ひとり芝居語り
     「阿礼の背中~天地の始めに…。」
     主演:やすぎひろこ 音楽:木塲孝志


古事記の中に描かれた日本の神話や昔話には人を思いやる心や自然に感謝をし、豊かに生きる心構えが描かれています。奈良時代の語りべ稗田阿礼に扮装したやすぎひろこが今、大切な心を語り、伝えるために、天地創造から日本のアダムとイヴ、イザナキ、イザナミの国産み、人産みをその独特の語り口調や声色、早変わりから、様々に演じ分けていきます。昨年天河大弁財天にて好評を博した、無二の作品を春鹿でしか見られない特別バージョンでお送りいたします。息を呑むリズム感と、優しい歌詠みの調べに似た豊かな表現の世界を、二胡の優美な生演奏にのせて、お届けいたします。是非ご覧下さい!



二部:木塲孝志 アコースティックグループライブ
     二 胡:木塲孝志 パーカッション:ユン・ツボタジ
     ギター:水守祥吾


作曲家・演奏家の木塲孝志が率いるアコースティックサウンドグループ。現在、関西を中心に活動しており、イベントでの演奏・芝居と生演奏のコラボレーション、CMへの楽曲提供など活動範囲は多岐にわたる。2006年度「奈良・燈花会」のプレイベントと本会場の2講演を行った。アルバムCD三作品に関わっている。グループの編成はバイオリン・パーカッション・ギターを取り入れたモノで、パーカッションにはエレクトリックファンブームの火付け役となった“EP-4”のパーカッショニスト、ユン・ツボタジが在籍する。木塲孝志が自ら中国の伝統楽器『二胡』を弾くスタイルで自ら作曲した楽曲を奏でる。


観覧ご予約は電話にて(先着50名様限定)
清酒「春鹿」醸造元(株)今西清兵衛商店 0742-23-2255




今まで、今西家書院で行われている『寄席』とは全然違う雰囲気のイベントですが、どのようなモノになるのか、今から楽しみです。
[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-11 10:41 | くらのこと
N:こんにちは。


まずは、先日の奈良新聞の記事より抜粋です。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

12日から奈良味酒フェス-  (2008.1.9 奈良新聞)

恒例の「第4回奈良味(うま)酒フェスティバル」(会長、中野重宏・ホテルサンルート奈良社長)が12日から2月29日まで、奈良市内のホテル、旅館20施設で開催される。清酒発祥の地・奈良のPRと、閑散期の宿泊客の拡大に向けた催しで、県酒造組合が協力。期間中の宿泊客を対象に地酒と組み合わせた食事プランの提供や、蔵元見学が予定されている。

  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

大事なところだけ書き出しておきますと、


期 間:平成20年1月12日(土)~2月29日(金)


~ 参 加 ホ テ ル ・ 旅 館 ~

飛鳥荘、魚佐旅館、春日ホテル、かんぽの宿 奈良、菊水楼、古都の都 むさし野、四季亭、月日亭、奈良パークホテル、奈良白鹿荘、奈良ホテル、奈良ロイヤルホテル、奈良ワシントンホテルプラザ、ホテルアジール・奈良、ホテルサンルート奈良、ホテル日航奈良、ホテルニューわかさ、ホテルフジタ奈良、ホテル三笠温泉、遊景の宿 平城 以上20施設。

~ホテル協議会様より~
各施設では、味わい深い地酒と自慢の美味肴をご用意してお待ちしております。この機会に飲み比べもお楽しみ下さい。また、期間中の日曜と祝日は、蔵元見学ツアーを実施致します。お問い合せ、お申込は参加宿泊施設まで。




今回のフェスティバルの オープニングパーティー も開催されます。

   奈良県内の酒蔵が一同に介す夢の機会。
   大和の美味肴とともに各蔵元自慢の日本酒を
   飲み比べてください。

    日 時:平成20年1月11日(金)  17:30~
    場 所:奈良ホテル「大和の間」(新館4階)
    参加費:3,000円(サービス料・税込)
    お申込:奈良ホテル 宴会承り課  0742-26-3300(代表)

 ※このイベントへは、春鹿からは会長に参加してもらいます。



このオープニングパーティー。
昨年までは、酒蔵が勢揃いして、酒蔵毎にテーブルブースを設けた『お酒の会』みたいな感じでしたが、今回は、パーティー色が強いみたいです。お酒の提供は、奈良県酒造組合の需要開発委員が行うみたいです。


是非、2月のフェスティバル開催期間中に、奈良へ来て、
美味しい料理と地酒を堪能してくださぁ~い!
f0092309_1154494.jpg

[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-10 11:11 | 奈良町のいろいろ

酒蔵みてある記2008

N:こんにちは。

今年も、近鉄電車さんとのコラボイベント開催!!


のどかな町を歩いて、風土が育てた銘酒を味わってみませんか?
思い出とともに、味わいが深まります。


近鉄電車主催『酒蔵みてある記』に、春鹿 参加します!


受付日時(集合場所)
平成20年1月13日(日) 近鉄郡山駅前 10時~10時30分


≪コース≫
近鉄郡山駅…郡山城跡…大安寺…ならまち…
          春鹿(※)…興福寺…近鉄奈良駅
                  (全体で徒歩約11km)

※春鹿では、甘酒のふるまいあり、地元飲食店の出店あり


詳しくは、近鉄電車ホームページ↓↓↓
http://www.kintetsu.co.jp/event-hiking/hiking_info/hiking0003902.html


参加無料!予約不要!!雨天決行!!!


今年の特典:
   ①酒蔵見学
   ②新酒(白造酒-シロミキ-)の振る舞い
   ③甘酒の振る舞い
   ④プレゼント抽選会
   ⑤地元飲食店のお酒にあう食べ物など出店(有料)


N:今回は、近鉄郡山駅から歩いて来られるんですか(;゚д゚)。。。
   結構距離ありますよ?!(゚Д゚)・・・。


歩くの面倒くさい人は、直接 酒蔵へ来ても
 ① ② ③ ⑤ の特典が味わえまぁ~す。
  ※②のプレゼント抽選会には、
     近鉄郡山駅でのエントリーが必要です。


皆さん、頑張って
 歩いてきてくださぁ~い。



昨年の 酒蔵みてある記 の記事は↓↓
http://a3haru.exblog.jp/4255961/
[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-09 14:03 | くらのこと

新年会

N:新年、明けましておめでとうございます。

本年も、このBlogをどうぞよろしくお願い致します。



さて、春鹿では 先日、会社で新年会がありました。


数年前までは 忘年会 を定番としていたんですが、

~12月の年末のクソ忙しいときに
  飲み会するよりも
    新年会で盛り上がろヤ!~


と言うことで、ここ数年は新年会が定着しております。


宴会の前、社長より・・・

社長『昨年は、酒蔵ショップも拡張し、ますますお客さんが増えることでしょう。
   ますます、お客様満足度を上げる為、酒蔵一丸となって頑張りましょう!』
   ※だいたいこんな内容でした。。。(゚д゚lll)

で、蔵人一人一人、今年の抱負・目標を発表☆

  ・健康に注する
  ・作業の効率化
  ・各所連絡を密にする   等々。。。

蔵人の発表の最後に 会長からも一言ありました。


会長『私からは、今年の目標・抱負と言うよりも、皆さんにお願いがあります。
   それは、“哲学を持って欲しい”と言うことです。
   昨年は、今年の一字に“偽”と言う漢字が選ばれる程、食品偽装という
   残念なニュースが多かった。無知なマスコミで~ひとのためと書いて・・・~
   なんてバカなことを言った所もありますが、間違いであります。
   “偽”とは、~人が為(ナ)す~と書く漢字であります。
   造り手の哲学があれば、“偽”などということは起こりえない。
   そう思っております。モノ造りの酒蔵として、哲学を持って
   これからも、酒造り・作業に邁進してもらいたい・・・という
   お願いです。 以上。』


ウーーーム(  ̄ー ̄) エエ話しです。

そんなお話しの後は、お待ちかねの宴会です。


昨年、旬どき・うまいもの自慢会でもお世話になった
 酒肆 春鹿 さんで お鍋ッス。


お肉やお魚、お豆腐等は (;゚д゚)ァ....と言う間に
食べてしまい、


N:あっ\(◎o◎)/!写真撮らせて下さい!


と撮った写真がこれです。。。
f0092309_1225185.jpg
白菜しか入ってない『白菜鍋?!』_| ̄|○。。。みたいになってしまった。。。

本当に美味しく頂きました。


もちろん、新年会ですから 新酒の

春鹿 純米吟醸生酒 しぼりばな で乾杯しましたよ☆


今年一年の目標・抱負を 酒の肴に、楽しい新年会となりました。
皆様、
 どうぞ今年も
  春鹿 を
   よろしく
    お願い
     いたします。
 

[PR]
by harushika-A3 | 2008-01-08 12:29 | くらのこと