酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー

<   2006年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

名古屋大試飲会

N:お久しぶりです。営業のNです。


このまえの日曜日、名古屋大試飲会へ行ってきました。


メルパルクNAGOYA で行われた大試飲会は

18:00~19:30 の短い時間の中で

お客さん(約140名)は、大満足の様子でした。
f0092309_12402181.jpg

春鹿で出品していたのは

1.春鹿 純米超辛口
2.春鹿 純米吟醸生詰酒 ひやおろし
3.春鹿 発泡純米酒 ときめき

以上の3種。
f0092309_1241685.jpg


~1~
定番の超辛口。今回の大試飲会は、お料理が少なかったですが、
『やっぱり料理とは辛口やね』『力強い辛さやね』と好評。

ですが、『超辛口』というネーミングで既に一歩引いているお客さんがいるのも・・・仕方ないことでしょうか。。。
『うわっ!私辛口アカンねん!』という方もまだまだ多いなぁ~。
スッキリキレ味のイイ飲みやすいお酒なのに。。。



~2~
秋限定、今が旬のひやおろし。超辛口とは対照的に、風味があって柔らかい味わいが口の中に広がります。今年リニューアル商品だと言うことを知ってるお客さんもいて、ビックリでした。
f0092309_12415023.jpg

~3~
やっぱり女性に大人気。氷を入れてロックで飲んだり、
柑橘系の果物(スダチ・レモン)を搾ってもとっても美味しく飲めます。
最近は『わさび』を入れるのを広めてます。
 ※意外な組み合わせですが、ホンマ、美味しいんです。



毎年来るお客さんも多く、『毎度っ!』と声を掛けてくる常連さんもいるくらいの会ですが、もう少し新規のお客さんがいると嬉しいかなぁ~なんて思いながら、お酒を勧めてました。

まぁ、毎年同じ酒屋さんがご案内するお酒の会だから常連化するのは仕方ないかな・・・。


名古屋からの帰り、新幹線乗り場へ向かう階段で、

『正倉院展のポスター』が貼ってありました。


あ~!春鹿が記念酒のデザインに使ってる『尺』の事が書いてある!

ッテ言うか、尺のことだけで大きなポスターが使われてた!!
f0092309_12393496.jpg




そこには


モノサシなのにこんなにオシャレ。いま世界の一流ブランドショップを探しまわっても、これに匹敵する”文具”はなかなか見つけられないのでは?ただ、実用品ではなく、あくまでも芸術品だとか。長さを測るのではなく、美しさを誇るためのモノサシなのですね。
[PR]
by harushika-A3 | 2006-10-30 22:39 | くらのこと

Happy Halloween!

A3:昨夜の事です。  ~トワイライトゾーンのテーマ曲で~

春鹿蔵元がたくさんの「おばけ」に強襲されました!?

お仕事が山のように積んであったので1人で残業していたのですが、
疲れて、コクリ・コクリとしたその刹那!

「ガラガラガラ!!!」

「お酒くれないと暴れるよっ!!!」

ハッピーハローウィンというかあれは「略奪」です。
おばけがなぜかみんなMYコップを持ってきて、僕に差し出しました。

聞けば某イタリアン・某フレンチ・某漢方・某ケーキ屋を回って「ハローウィン」という名の「略奪」を重ねてきたと言うのです。
f0092309_18192391.jpg

まんまとお酒をたいらげて、おまけに、「おみや」も引っ提げて、黄泉の國、某タイ料理「RAH●THU]へと還って行きました。略奪の品々で大宴会をするらしく・・・

そして、気付くと僕も「おばけ」になって、黄泉の國にいました・・・キャ~
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-30 18:30

新商品開発

A3:年末へ向けて「新商品開発」することになりました!

どんなー?と思われるでしょ。

奈良町の老舗「菊岡漢方薬」のご協力を賜り、只今試行錯誤で実験中。

えー漢方薬?  でも、それ以上はまだ  ヒ・ミ・ツ。

お酒を造るのには「免許」がいって、
春鹿は、「清酒」と「みりん」しかなかったんです。あと「販売」の免許と。
しかしこの度やっと「リキュール」をGETしたんです!

これでまた、いろんな幅ができ、色んなことに挑戦できます!

実はSさん、闇でこそこそ作戦練ってはるんです。「梅酒?」と聞くと、

S:「あほう!そんなんつくらへんわ!すっげーぜ」

と言ってました。

どんなんでるか、春鹿リキュールを・・・  お楽しみに!
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-29 19:12 | 商品のこと

酛-もと-のお話

A3:今日もお酒仕込んでます。

とは言っても、大きな仕込は10/28からで、今はもっぱら「麹」と「酛」の仕込です。

「酛」って???別名「酒母-しゅぼ-」と言う工程で、簡単にいうと、アルコールを発酵させる「酵母(イースト)」を純粋に大量培養するところです。
いきなし大きな大海に解き放たれると力が弱いので、ここで増殖させるんです。

酵母(イースト)は自然界のあらゆる所に住み着いていて、多種多様な菌株があり、それぞれに特性があります。ワインにはワインにあった、ビールにはビールの、パンにはパンの最適な酵母を人類の長い歴史を経て発見・研究してきたんです。すごい!

と、言うわけで日本酒には「サッカロミセスセレビシュー種」という酵母がそれにあたります。
やはり、生き物ですから、人間と同じくして、地方や蔵元に応じて色んな性格の子が居るみたい。
f0092309_14141655.jpg


汚く見える?いやいや発酵して二酸化炭素とアルコールをせっせと出し、増殖しているところです。これで5日目。

特にこの子は、泡がブクブクなる「泡有酵母」で、社長のKIYOさんから名前をとった「KT-1]通称「春鹿5号」というウチで培養している酵母です。
香り高く切れも良い味に仕上がります。主に大吟醸にも使うんですけど、今年は新酒でも挑戦中!今は熟れたバナナのようなアマーイすぅぃーつのかおり。
いやぁ~できあがりが楽しみっす!
f0092309_14255954.jpg


毎日瓶詰め、板粕の注文もぞくぞく、アメリカ・台湾・シンガポール等輸出出荷ピーク!本仕込み間近!正倉院展のお客様で店大パニック!!春鹿現場早くも臨戦態勢です!!!
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-26 14:34 | くらのこと

ねむいんです。。。

A3:う~ねむい。。。昨夜というか今朝まで飲んでました。
と、いうのも昨夜は「ならまち」にある某フレンチレストラン「ふり○んぬ」の某シェフT-まさんのお誕生日ぱーちーがあったんです。

たくさんの御祝いのお客さんに「みんな大好き!!!」と連呼してました。カラオケではいつもの通り「T-まオンステージ}そして撃沈。ぼくも1:00頃撃沈。Sさんは4:30まで暴れてあえなく撃沈。4:00にぼくは復活・参戦。

5:30解散となったんですが、お仕事は6:00から。DASHで家へ帰ってシャワーを浴びて会社へ。というわけでボロボロなんです。Sさんも御歳暮用のDMの撮影へ東大寺の方へふらふらと・・・おかげで朝から死んではります。

ほんとに最近の「ならまち界隈」の盛り上がりはすごい。イベント終わったのにまだ毎週なんかしらで顔を会わす。来週は「はろ~ウィンぱーちー」だそうです。

「トリック おあ トリート?」と聞かれたらおかしかお酒頂戴ね!!!
f0092309_16214847.jpg
今日はもうしんどいんで、蔵元のお隣の「今西家書院」にあるお気に入りのお地蔵様のところでおさぼり中でーす!?
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-24 16:25 | 奈良町のいろいろ

正倉院展開催間近!

A3:今日は清々しい絶好の行楽日和ですねー。ぼくら蔵人は今週から休みナシなんであまりかんけーないんですけどね・・・。

Nは昨夜からフェリーで松山へ、その後またまたふぇりーで北九州へ「お酒の会」のため旅立ちました。もう一人の営業「T-郎くん」は東京へ出張中です。この時期、営業さんも休みナシで大変です。Sさんは、「身体壊してでも死んでもエエから春鹿の宣伝してこいっ!」と叱咤していました。たぶん激励はしてないですよ、あれは・・・。

営業さんが不在の為、配達業務を仰せつかりました。ちょっとの「息抜き」です。行き先は「奈良国立博物館」。そう、今日が「正倉院展」のプレオープン。24日からいよいよ本番スタートです。
f0092309_13173868.jpg

今年から新館地下の「ミュージアムSHOP]にて春鹿のお酒が販売される事になったんです!すごっ!その名も「宝相華-ほうそうげ-」極楽に咲く花だそうです。f0092309_1320639.jpg

どうですかー。東大寺の別当に書いて頂いたそうです。純米吟醸酒で香りはフルーティで穏やか、味は軽快な辛口TYPEです。

これとは別に入場入り口付近のテントで春鹿のお酒を展示しています。今日付の読売新聞・奈良版にも写真が載っちゃいました。f0092309_1565266.jpg
「正倉院展限定ラベル」2006年モデル花鹿です。期間限定で、「HarushikaShop]及びこのあたりの酒店・土産店にておはやめのGET!してねー。
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-21 15:12 | 商品のこと

杜氏蔵入

A3:昨夜の「飲み会」はいつもどーりの飲み過ぎ。夕方になっても二日酔い・・・反省。

それはそーと昨日、杜氏が岩手よりやってきました。「杜氏」とは蔵元で酒造りをする最高責任者。技術はもちろん知恵・経験も豊富、みんなからもとても尊敬される存在です。これぐらい褒めておけばいいかな!?
f0092309_1726737.jpg

身長も高いし、このマスク。体力もあるので評判が良いのはたしかです。酒も強い!Sさん、Nでもかなわないかな。毎夜Sさん達と飲み歩いて営業?してはります。







どんなに二日酔いでも仕事はきっちりとこなします。
f0092309_17385663.jpg

今日は「麹」の「仲しごと」。麹はできあがるまで約48時間かかります。その間の30~32時間目の作業。
今、新酒の「純米吟醸-しぼりばな-」の麹を造っています。「麹室(こうじむろ)」という部屋で、室温32度・湿度45%という環境です。冬、寒くなるとこの気温差つらいんですよねー。

この「仲しごと」は麹菌の繁殖による発熱で品温が高くなりすぎると増殖が逆に止まるので、温度を下げる作業になります。34~36度ぐらいになった温度を1~1.5度下げるんです。
よーく、そしてやさしーく撹拌。もちろんばっちい手でやったらダメです。あと納豆は厳禁。蔵人は造りの間食べません。それくらいデリケートな麹。できあがったお酒の香りに由来すると言うから超大切に造ってマース。
f0092309_1815080.jpg

すごい真っ白で綺麗でしょ。手も身体もたぶん麹エキスのおかげ?で真っ白になってきます。女性にはたまらん美白効果ですよ。

さあ今夜も飲め呑めです。おやじさん(杜氏のことを僕らはそう呼びます)とSさん。向こうでおいでおいでしてます。
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-20 18:24 | くらのこと
A3:昨夜、社長のKIYOさんがSさんのデスクの前に居る○川さんに「なんで○川のペン立てには書けへんマジックやらペンがそんなにあんねん!かたずけろー」と怒っていた。

たしかに・・この間、使おうとしたら4本の黒マジックの内使えるのは1本だけだった。それも3本失敗して最後の1本がやっとHITした。彼女は毎日「おみくじ」をして癒されているのか???

f0092309_1244492.jpg←今日になって異様に気になる。やはり・・・きたない。Sさんも「机の境界はみだしてくんな!所場代取るぞ」と前に叫んでいた。

彼女は「かたづけられない女」なのかー???あんまり言うと逆ギレが怖いのでこの辺に・・・

今夜は、超ベテランの大先輩が12月をもって退職されるので、忙しくなる前に「送別会」。
あと、岩手・花巻より杜氏・古川武志の蔵入りです。

これから蔵元も活気づく予感がします。
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-19 12:58 | くらのこと
A3:春から夏、そして秋。毎週に近い程こなしてきた「まつり達」が先日の「高畑楽市」にてピリオドを迎えました。

初めて参加する祭り・どんどんとおっきくなってきた祭り・いつもの祭り・・・どんな祭りでも、終わるとすごい達成感と、妙な寂しさが残る。
f0092309_16255165.jpg

たくさんの経験と人との出会いが、また来年もありますように・・
これから春まで蔵人は「冬眠」に入ります。と、いうかこれからがお酒造りの本番なんですけどね。

今年最終の祭の後の恒例行事-うちあげ-はすごかった。まさに「あとのまつり?!」

最後に奈良町にSさんは「肝臓」を、僕は「メガネのレンズ片一方」をどっかに落としてしまったようです・・・来年またさーがそ。
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-17 16:51 | 奈良町のいろいろ

収穫だー!

A3:とうとうとうとう我らが植えたお米の収穫ですっ。「みむろ農園」さんに育てて頂き、僕らは植えて刈るだけかヨつー感じなんですけどまーご愛敬。見てやってください。f0092309_16425480.jpgこんなに大きくなったのも全て「みむろ農園」さんサマサマであります。
蔵人で現在兼業農家してるのは杜氏ともう1人だけ。経験者1人。あとは小学校でちょこっと経験ぐらいがほとんど。何事も一気にやると失敗するので、ちょっとづつ覚えます。
f0092309_16522124.jpg

足下が乾いてなくてドロドロだったので長靴の中にまで泥が入る状態。なかなか足が抜けなくて、踏ん張ったら足だけ抜けて靴下のままダイブの人もいました。
f0092309_16575523.jpg

Sさんは?そう悪名高いSさんは今日は蔵元でお留守番。春鹿SHOPが忙しいのでそちらのHELPです。担当の子が前の「田植え」の時も当番だったので、替わりを買って出たらしいんです。だけど今日の陽気・みんなの盛り上がりに悔しがっていました。

さあ、稲は「みむろさん」が担当。酒は「春鹿」の担当です。せっかくできたお米を食べるンじゃなくて、汁にするんです。ぞくぞくします。KIOKEに仕込んだらどんなんになるんやろー。

自分で作った米を酒にして呑む。そんな夢かなうかーと思ってたけど、現実はそう遠くなさそうです。でも、もっと「米作り」勉強してちゃんと自分の物にしないと。酒米ができるようになるまで頑張りたいです!

メチャメチャ疲れたけど、今から明日の「高畑楽市」に出すHARU-ne&甘酒ちゃんの仕込みで~す☆
[PR]
by HARUSHIKA-A3 | 2006-10-14 17:28 | くらのこと