酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:くらのこと( 296 )

年内最終出荷近し!

f0092309_11454839.jpg

S:ここは春鹿小口出荷専用ルーム。

この時期、朝から晩まで「お熨斗」つけて包装→梱包→伝票貼っつけて出荷の繰り返し。

ミスのないようチェックするのですが、どうしても物量が増えれば事務との連携もとれず手違い発生しちゃいます。

今年はミスが少ない!素晴らしい!みんなのレベルが上がったのね♪

と、思ったら… トホホ、出荷ダウン!減ってたようです。

この年末は飲み屋サンでもデパートでもガソリンスタンドでも
どこでもみーんなキビシーと。

マーあれだけTVとかでも景気悪い悪いって言いまくっちゃったらテンションさがりますよねーと風呂屋のおばちゃん言ってました。
f0092309_1146839.jpg

とはいえ明日から最終出荷へ向けて、ご自宅用・ご帰省先へのお荷物がテンコモリの様相!お酒も時代は「家呑み」が流行るのですか?お節が売れてるみたいですけど。

年末年始「春鹿」で流行?の家呑み…

今なら最終出荷 ギリ間に合いま~す!
[PR]
by harushika-A3 | 2008-12-23 17:57 | くらのこと
N:こんにちは。

突然ですが、今日、コレ、開催します。

昨年、大賑わいだった
≪旬どき・うまいもの自慢会~冬~≫
ですが、今年はみなさんお忙しいようで、
参加者が少なくて寂しいんです。


と言うわけで、本日のこのお酒の会!
『今日の今日、聞いて、すぐにでも参加したい!』
という方は、ご連絡ください。

まだ、空席ございます。

ご連絡締め切りは、本日の14時☆

□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□

 ●日 時 :12月20日(土)冬至前日 18:00会場 18:30開宴
 ●場 所 :酒肆 春鹿~シュシハルシカ~
          (奈良市今御門町27-4  0742-26-4703)
 ●テーマ :『大和鍋(もどき?)』と『新酒しぼりたて』と寒空酒。
 ●参加費 :7,000円
 ●お申込方法:メールもしくは電話にて
 ●お問合せ先:清酒「春鹿」醸造元 (株)今西清兵衛商店
     担当:中野  0742-23-2255  nakano@harushika.com

□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□□■■■□
※大和鍋・・・鶏肉のスープと豆乳でさっぱりと仕立てた鍋。
          すり下ろして油で揚げたヤマノイモ(大和イモ)が美味。

今回は、豆乳ではなく≪春鹿の純米酒粕≫ベースで仕込みます!

ご予約
 お待ちしてます!

[PR]
by harushika-A3 | 2008-12-20 08:51 | くらのこと

杉玉!

S:杉玉が緑に…
f0092309_18582022.jpg

新しい杉玉に掛け替わる
      ↓
今年の新米で仕込んだ新酒ができた

というわけで、

新酒「しぼりばな」

いよいよ12/5明日解禁!
[PR]
by harushika-A3 | 2008-12-04 19:09 | くらのこと

粕上げ動画

N:こんにちは。

さて、お酒がどんどん搾られると同時に出てくるのが『酒粕』です。

酒粕も春鹿の立派な商品なんですが、粕上げの様子を写真に撮影してみても、なかなか上手く説明できませんでした。

≪説明≫
畳よりも一回りくらい大きな一枚の酒粕を、積み重ねる作業です。一枚、おおよそ8~10kgくらいあります。二人で息を合わせて『せ~~のっ!』で、ひっくり返して積み上げます。
f0092309_1257555.jpg
f0092309_1258965.jpg
f0092309_12582293.jpg
写真を見て頂くと何となく分かるかと思いますが、もっとわかりやすくするために、≪動画≫を撮ってみました!

2回ひっくり返しているのが映ってますが、一回目は初めの方の段階ですので、積み上げられた酒粕の高さは、まだ低いです。二回目は後半ですので、積み上げられた酒粕の高さはかなり高くなってきてます。
こんな風にして酒粕を上げてたんですねぇ~。
動画では良く伝わると思いますので、動画Blogを練習してみました。
[PR]
by harushika-A3 | 2008-11-27 13:03 | くらのこと

2008 初搾り♪

S:予定どおり今朝から搾っちゃいました!
f0092309_1584771.jpg

板と板の間にもろみが入るとこんな感じに。
f0092309_159276.jpg

板を伝ってお酒がしたたる。
間の布が搾りあがれば中からお待ちかねの酒粕が。
f0092309_1592362.jpg

今年もイイお酒あがりました!

ってまだまだ1本目。今期はあと69回、来年4月終わりまで。

おいしいお酒ができますよーに。
[PR]
by harushika-A3 | 2008-11-20 15:47 | くらのこと

いよいよ明日!

f0092309_1775137.jpg

S:上槽(お酒の搾り)にあわせて急ピッチでくみ上げました。

「ふね」と呼ばれるお酒を搾る油圧式の酒屋どくとくのお道具。
それも「ヤエガキ式」という古いシロモノです。
我蔵では酒粕用の「搾り器」と言われてちゃってます。

写真後方の板と板の間には大きな布がたたんであって、そこへ「もろみ」が入ります。
もろみは圧力で「酒と粕」に分離されるという仕組み。

これからは毎日下のバルブからチョロチョロとお酒がっ!しあわせ!

ボージョレーと仲良く 春鹿2008新酒 解禁です!


●新酒・酒粕の発売はいましばらく待ってくださ~い●
[PR]
by harushika-A3 | 2008-11-19 17:48 | くらのこと

走れっ!

f0092309_189290.jpg

S:蒸米のかつぎです。    ↑ 担ぎ手は一応?女の人です。

ここからダッシュで酒母室まで。

迷路のような蔵中、人一人しか通れない細い所をかついで走ります。

そして最後は悪夢のかいだ~ん。

約10kgを7セット。7人いれば1回ですが、これから忙しくなると2人とか。

特に二日酔いの日は…
f0092309_1892048.jpg

おやっさん(杜氏)が手の感覚で最終温度チェックです。

ここで酒母の蒸米の品温は20度ぐらい。

設定温度はその日の気温・水温・湿度・気分?色んな条件で変わります。

仕込は温度が命、だからダッシュでお米を運ぶのです。

f0092309_1895071.jpg

この時点で品温100度。山田錦完全アルファ化されちゃってます。

この酒母、実は大吟醸(精米50%もの)なんです。

お酒になるのは12/24X'masイブ頃。

おいしいプレゼントが楽しみで~す!
[PR]
by harushika-A3 | 2008-11-17 18:50 | くらのこと

醸造安全祈願祭!

S:今日は三輪の大神神社にて醸造安全祈願祭(酒まつり)でした。
f0092309_18302885.jpg

毎年恒例で、蔵元・杜氏が参拝してその年の酒造りの安全をお祈りします。
f0092309_18305440.jpg

昔は全国から杜氏がやってきて、かなり盛況だったそう。

年々日本酒全体の出荷量が下がり、平成元年に1345千KLあった消費が平成18年には688千KLに。酒造会社も残念ながらおやめになるところが…暗い話ばかり多いです。

「國酒」日本酒はどこへいく~
f0092309_18311753.jpg

お払いを受け、直会。日本酒で乾杯し、おさがりを頂きます。

そしてこれも恒例の狂言が始まる。「清水」水を汲みにいかされるお話。

ここまでは残念ながら一般の方は入場できません。
f0092309_1831376.jpg

ちゃんと、一般の方には全国のお酒の振る舞いが行われます。
えっと「春鹿」もちゃんとありました!

ワタクシもモチ行く予定だったんですが、残念ながら別の急なお仕事が。
今年のお酒造りに不安が残る?
イヤイヤ、今回杜氏と一緒に強力な助っ人にご祈願頂戴致しまして…

その助っ人のお話はいずれ。

というわけで、おかげ様で今期はきっと、

怪我な~し!スゴイお酒!スゴイいべんと!日本酒やったー復活デス!!
[PR]
by harushika-A3 | 2008-11-14 19:36 | くらのこと

初添!

f0092309_1325553.jpg

S: いよいよ本日「初添~ハツゾエ」となりました。

三段仕込の一番最初。今期初の本仕込みです。

明日1日休ませて(踊りという)明後日2段目の「仲添」へ。

中身は水+蒸したお米+米麹+酒母=もろみの構成。
f0092309_1326931.jpg


まだまだ量は少ないですけど、もう発酵しちゃってま~す。
[PR]
by harushika-A3 | 2008-10-27 13:40 | くらのこと

五百万石!?

f0092309_17294342.jpg

S:「五百万石」ってお米の名前なんです (↑ この方達)

有名な「山田錦」とかと同じ「酒造好適米」、いわゆる酒米。

他にも「雄町」「八反」…奈良特産は「露葉風ツユハカゼ」。

精米はコンピューターで管理されていますが、やはりちょくちょく水分とかチェック! 乾燥して割れちまったら×お酒にはなりません。だから時間をかけて精米するんです。

今が80%くらいの精米歩合→60%までやります。
                   (あと24時間くらいかかる~)

f0092309_17295645.jpg

もちろん削ったらヌカがてんこ盛りッス。

せっせと取らないとタンクから溢れるから大変です。
紙袋1つ20Kg、もちろん力仕事、粉まみれの重労働。
さらに高精白(大吟醸35%精米とか)になるとずっと付きっきりです。

原米仕入れて自家精米…委託という手もあるんですがねー。

でもやっぱし農家の方から託されて、
「米を磨く」というのは酒造りの大事な一歩だと思ってます。


写真「赤」と書いてるヌカを「奈良の鹿愛護協会」様に只今寄付しております。
今、飼料も高騰してるから大変なんですって。
安いの言うたら中国産はなんか怖いし、国内でも大騒動でしたし…
春鹿のは100%福井産低農薬のヌカだから病気の鹿ちゃんも安心、安心。

「鹿を応援するお酒」、通称「鹿大吟」も好評販売中。
コチラも売上げの一部を「愛護会」様に寄付してます。
奈良にお越しの際はよろしくでーす!

→正倉院展で国立博物館で販売シマス(10/25~11/10)
[PR]
by harushika-A3 | 2008-10-20 18:47 | くらのこと