酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

読売新聞に紹介されました☆

N:こんにちは。

先日、ご案内した

『春鹿 延壽 屠蘇酒』が、読売新聞 地元紙面で

紹介されました!↓↓↓
f0092309_1743159.jpg


心霊写真の様に後ろに移っているのは、
『片付けられない女』の異名を持つN川。



~ ~ ~ ~ ~ ~ 商品について ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

◎春鹿 延壽 屠蘇酒

   正しいお正月の過ごし方は、まず!
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃本┃┃格┃┃派┃┃の┃┃お┃┃屠┃┃蘇┃┃か┃┃ら┃┃!┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛


   昨年、好評で即完売してしまった『屠蘇酒』のご予約受付を
   開始致しました。お届けは、12月に上旬以降です。
   ※お届け日の指定が出来ます。

    ◎内容   酒質:リキュール
          アルコール:12度
          エキス分:16%
          原材料名:清酒、本みりん、山椒果皮、
               みかん皮、桔梗根、浜防風、桂皮

          価格:735円(本体価格700円)

   ≪春鹿 延壽 屠蘇酒の意義≫
     『屠蘇』の『屠』は追い払うという意、『蘇』には鬼という
     意味があります。新しい年の出発にあたって、邪気を払い、
     新陳代謝の滞りを清掃し、身体を清健にして長寿を
     はかるため、処方されたものです。


   ≪屠蘇を酌む≫
     一家揃って酌む時は、年少の者から初めて、順々に
     年長の者に回します。幼童少年少女は新年を明識し、
     また、年始のお客様には、誰にも先ずお屠蘇を
     献じることにいたします。

     屠蘇器にそのまま入れて、また、冷やすと、
     より飲みやすくなります。



     今回、屠蘇散を特別に煎じてくださったのは、
     奈良町にある老舗漢方薬局『菊岡漢方薬(※)』様です。

    ※菊岡漢方薬
      創業元暦元年(1184年・創業800有余年)、
      平安時代から続く奈良町・老舗の漢方薬局。
<☆ココがポイント☆>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ★ゆかしい日本の文化
   お正月の朝、天神地祇を拝み、一年の家内安全を祈る
   「四方(しほう)拝(はい)」のあとに、家族全員で酌み交わす
   『お屠蘇』は、邪気を払い「無病息災」「延命長寿」を
   願うだけでなく、家族の絆を深める日本の習わしです。


 ★古都・奈良の老舗のコラボレーション
   シルクロードの終着地・奈良。春日大社の御神酒造りを
   千年来担ってきた「春鹿」蔵元と、平安時代の創業以来、
   薬を処方するかたわら、春日大社の警護や奈良市中の治安を
   守る家柄であった菊岡漢方薬。二つの老舗が協力して造った
   贅沢なお屠蘇です。


 ★「春鹿」ならではのこだわりの造り
   「春鹿」の蔵元が製造した清酒と本みりんをブレンド。 
   それに、美味しく飲んでいただくため特別に処方された
   屠蘇散を絶妙の加減で浸け込みました。


 ★千年の春が薫りたつ美味しさ
   サラリとした口あたり、トロリとした優しい甘さ、
   シナモン(桂皮)や山椒などの香りが新春にふさわしい、
   清々しい爽やかさを感じさせます。でも美味しいから、
   身体にいいからといって飲み過ぎにはご注意を!!


 ★使い方もいろいろ
   家族や親類が集まるお正月は勿論、神棚に供えるお神酒に。
   新年のごあいさつの手みやげに。仕事始めの得意先回りに。
   また、料飲店様では新年のお客様への最初のサービスに。 
   など様々な用途が考えられます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

今後もアナウンス続行中ですので、他紙でも取り上げて頂けるかも知れません。

  ・

  ・

  ・

  ・


お昼頃、社長が朝日新聞の電話取材を受けておりますので、

朝日新聞でも取り上げて頂けるようです。
[PR]
by harushika-A3 | 2007-12-05 17:59 | 商品のこと