酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

先週末に『呑み切り』が行われました。

A3:こんにちは。

先週末25日に、春鹿では『呑み切り』が行われました。

初公開!新しくなった『会所場』にて、きき酒を行っている所です。


冷蔵庫を新しくしたと同時に、蔵人が休憩したり食事を取ったりする場所である『会所場』の改修工事も行いました。

どうですか?このきれいな空間・・・っていうか、まだ殺風景ですね。。。

蔵人曰く、まだ『モデルルーム状態』です。
f0092309_22444676.jpg

今回は、奈良税務署からお一人、大阪国税局からは『北山鑑定官』が来蔵。

春鹿のお酒の出来を評価して頂きました。(゚∀゚)

毎年、この呑み切りの為に、遠く『岩手』より、古川杜氏も来蔵。
きき酒は全員熱心そのものです。
f0092309_224754100.jpg

まずは、北山鑑定官が一通りきき酒をされます。
f0092309_22484310.jpg

きき酒をされる、一挙手一投足に、蔵人の視線が集中します。
緊張の瞬間です。。。


その後、蔵人も全員きき酒をしました。
f0092309_22502460.jpg

今回は、春鹿今西清悟会長も参加。
蔵人の緊張はさらに高まりました!!


そもそも『呑み切り』とは。。。
目的:
1,夏場にタンク内において品質劣化(火落ち)していないかCheck。
2,タンク内のお酒の熟成具合を確認する。
3,商品コンセプトにあったお酒に仕上がっているか確認する。

と言うような内容です。


北山鑑定官の総評は・・・、それはまた明日に書こうと思います。
[PR]
by harushika-A3 | 2006-08-28 16:36 | くらのこと