酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

神戸の飲み屋さん『世阿弥~ぜあみ~』

A3:こんにちは。
f0092309_1354150.jpg
先日、神戸の飲み屋さん『世阿弥』へ行きました。

何でも『春鹿 山廃純米 超辛口 原酒 鬼斬~おにきり~』が
入っている所らしく、近くまで行く用事があったので、
行ってきました。

店内はうっすら暗いんですが各テーブルは明るくライトに照らされて、
とっても雰囲気の良いお店ッス。

お酒も春鹿を含めて6~7種類楽しめ、お料理も和食やイタリアンなど、
多彩に楽しめるお店です。
f0092309_13542743.jpg
お店が少し暗かったので、写真が暗いですが、
こんな手桶の中に氷を敷き詰め、氷の上に徳利を置いて出てきました。

『鬼斬』は、とっても味わいが深く、飲みごたえがありました。
ガツーンΣ(゚Д゚)という様な押し味で、とっても満足。v( ̄Д ̄)v

店長さんや代表さん(オーナーさん?)ともご挨拶させていただきました。
美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

また機会がありましたら、行きたいと思います。


≪特集!今日の出来事≫※今日の朝刊より

お香「はす花」:限定販売、人気--奈良・興福寺

奈良市の興福寺(多川俊映貫首)で、季節限定のオリジナルお香が人気だ。7月は見ごろを迎えたハスの花をイメージした香りの巻き型お香「はす花」(100個限定)を発売。寺では「季節の香りを楽しんで」と参拝客にPRしている。 オリジナルお香は、「奈良に遊びに来た季節を香りで思い出してほしい」と、3月から1作目の「花こころ」を150個限定で発売。当初は四季の変わり目ごとに新作を作る予定だったが、すぐ売切れてしまったため急きょ「涼香」、「深山」と続けて発売し、今回が4作目になる。 お香は京都の老舗メーカーの製造だが、名前は寺職員全員で頭をひねる。季節をイメージしたカラフルな箱に書かれた字も、職員の手書きだ。「自分の文字が採用されるとうれしい」と、互いに書道の腕を磨いている。 「はす花」は7巻入り1050円。問い合わせは同寺(0742・22・7755)。【花沢茂人】7月9日朝刊(毎日新聞)

~A3~
観光客の多い興福寺でお香が「100~150個」では少なすぎでしょうねぇ~。
すぐ売り切れてしまう事でしょう・・・。にしても、普段お香を買わない私には、7巻入1,050円が、高いのか安いのかよく分かりません。。。。
[PR]
by harushika-A3 | 2006-07-09 13:55 | 商品のこと