酒蔵のことやお酒のこと。蔵寝坊が書いてると見せかけて、書いているのは・・・実は・・・?!


by harushika-A3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

連休明けは・・・

A3:こんにちは。連休が明けましたね。

   私は今回の連休中、蔵元ショップの担当が一日ありました。

試飲したお客さんの間では、

春鹿 純米吟醸生酒 がとても評判良かったです。

≪お客さんの声≫
・香りがイイ!華やか。
・スッキリしてる。
・飲みやすい。
・結構飲めそう。

と、たくさんの好評かを頂きました。
女性全般、男性でも若い方にとっても好評でした。


≪特集!今日の出来事≫※本日の朝刊より

スコットランド国立美術館展:来て、見て満足 最終日--県立美術館


◇作品に見入る入場者
奈良市登大路町の県立美術館で開催中の「スコットランド国立美術館展」(県立美術館、毎日新聞社主催)は、6日も家族連れら約2500人が訪れた。開幕した3月18日からの来場者は、延べ5万人以上。同展は7日、最終日を迎える。【花沢茂人】
モネ、ルノワールといったフランスの巨匠画家や、その影響を受けた19世紀のスコットランドを代表する画家らの作品計95点を出品している。フランスの画家、ジュール・バスティアン=ルパージュが描いた「お手上げだ」は、粗末な身なりの少年を写真のような迫真的描写で描いている。
作品に見入っていた子どもは、「顔の表情が友達に似ている」と感想を話していた。イングランドの画家、ジョン・エヴァレット・ミレイが、スミレの花の入ったかごを持つ少女を描いた「優しき目は常に変わらず」も人気を集めていた。
モネの作品を鑑賞するため訪れた大阪府枚方市の大学生、広瀬由香里さん(20)は「モネだけでなく、風景画が繊細でとてもよかった。実際にその場に行ったような気持ちになりました」と満足そうだった。5月7日朝刊(毎日新聞)

~A3~
先日から開催されていた国立美術館展は、たくさんの入場者があったようです。最終日の昨日はあいにくの雨模様で、奈良町を歩いている人足は少なかったですが、雨は雨で、風情があります。
[PR]
by harushika-A3 | 2006-05-08 12:40 | くらのこと